PAGE TOP

入会案内:認定スクール

入会案内
認定スクール

 

認定スクールとは

認定スクールは、機構が推進する「まつ毛エクステンション教育プログラム」の教育内容により生徒を指導し、 安全なまつ毛エクステンション施術のための知識技術を普及し

消費者に安心安全なサービスが提供できるアイデザイナーを育成することを目的とするスクールです。

入会資格

認定スクールは、以下の条件を全て満たす必要があります。

 

  • 当該校の経営母体に認定講師が在籍すること。
  • 当該校の代表者若しくは経営責任者が認定講師と同一でも可とする。
  • 当該校は管轄保健所の許可を得ていること。
  • 当該校1校につき、1名以上の認定講師が在籍し授業を行うこと。
  • 教育形態は通学制であること。
  • 1時間の授業における料金について機構の自主基準は、5,000円以上(個別割引はその限りでない)とし、認定校が独自に定めることとする。
  • 公益社団法人日本理容美容教育センター発行のテキスト並びに機構指定のテキストを使用し、授業を行うこと。
  • 教材として使用する用具は、機構が推奨する安全実基準に適合した製品であること。
  • 教室は、サロン内に併設も可とするが、教育を行う床面積は3坪以上とし、生徒数もそのスペースに合わせ適切な人数で授業を行うこと。
  • まつ毛エクステンションを行うにあたり、安全が確保できている必要な器具、用具が備えられていること。
  • テーブル、椅子を常に備えていること。
  • 教室内の採光、照明、換気が十分に行える構造設備であること。
  • 授業で使用するホワイトボードを備えていること。
  • まつ毛エクステンションに使用する用具類を消毒する設備又は器材を備えていること。また消毒に必要な器材、紫外線消毒器および消毒剤を備えていること。
  • 適切に消毒を行い、消毒済みのものを管理すること。必要に応じて収納ケース等を備えること。
  • 防災設備については、スプリンクラー設備を設けること。但し、スプリンクラーの設備が設置できない場合は、消火器を用意すること。また非常口等の避難口を確保すること。
  • トイレは施設専用とし、専用の手洗い設備を設けること。但し、施設内にトイレの設置できない場合は、建物内の共同設備でも可とする。
  • 1回の授業を実施する際の生徒数に応じた器具、用具、用材等を備えてあること。
  • 同一建物内に居住およびサロンスペースがある場合は、明確に区分されおり、教育が出来る設備が整っていること。
  • 技術を行う教室は、管轄の保健所の許可を得ていること。
  • 授業を行う時間は、サロンのお客さまに接客業は行わないこと。
  • 当該校講師は、機構認定講師として登録しており、勤務および教育課程全般を管理すること。
  • 登録された認定講師は、複数の教育施設の登録講師になることはできない。
  • 原則として、1回の授業における生徒数10名に対して、1名以上の割合で認定講師を配置すること。但し、理論の授業を除く。
  • 学籍簿については5年間以上、その他、生徒の入学から卒業に関する資料は2年間以上保管すること。

会費について

登録期間は4月1日~翌々年3月31日迄。

登録料は以下の通りです。(別途消費税が掛かります)

 

登録料 1スクール 50,000円(初回登録時のみ)
・提出された申請書類等の書類審査を行う。
・書類審査後、現地視察調査を行う場合がある。
・現地視察調査の実施に当たっては、必要に応じて授業を視察することもある。
・認定校の登録申請は、随時実施するものとする。
・登録期間は2年間とする。但し、初年度は翌々年の3月末日までとする。

入会特典

  • 特典1機構認定校である旨の表示できます。
  • 特典2機構のロゴマークの使用できます。
  • 特典3修了証への機構名、機構ロゴ、印の印刷いただけます。